ホーム > 製品情報 > 70モジュールシリーズ > 12G対応タイムロゴジェネレーター TLG-70U
rohs snmp
12G対応
タイムロゴジェネレーター
TLG-70U
希望小売価格 1,500,000円 (税別)
設定アプリケーションの取扱説明書はこちら
TLG-70Uは、12G-SDI、3G-SDI、HD-SDIに対応した時刻・ロゴ・アニメーション発生装置です。マスター時計の時刻信号から映像信号とキー信号を発生します。時・分変わりに時刻表示のエフェクトができ、 ロゴやアニメーションとの重ね合わせもできます。文字の大きさ・位置・色などの各種設定は、パソコンからLANを介して専用アプリケーションで操作し、時計、カレンダーロゴイメージ、 アニメーションを登録できます。時計、カレンダー、ロゴイメージ、アニメーションは、フレームメモリの中で自由に登録できます。(登録できる素材数や時間は各素材の内容によって異なります。) 送出は、曜日・時間帯別に送出画面をプログラムする自動送出や、外部接点で送出画面の選択や、アニメーションのスタート/ストップができます。
●時計(デジタル、アナログ)、カレンダー、ロゴ、アニメーションが表示でき、重ね合わせが可能
●デジタル時計の時・分変わりにエフェクトが可能
●エフェクトはカット、ディゾルブ、3D回転(縦横)、砂時計が可能
●ビットマップフォントにより、独自のエフェクトで送出可能(将来対応予定)
●ロゴは最大3840×2160ドットで登録可能
●送出画面は32面あり、切り替えに外部制御を使用することが可能
●簡易タイマー表示機能により、指定時間までのカウントダウンと指定時間からのカウントアップが可能
●表示設定、送出設定、表示プレビューを行う専用アプリケーションを標準付属
●OUT1とOUT2の系統で時計、カレンダー、ロゴ、アニメーションそれぞれの表示状態を独立して設定可能
●映像信号は2160p/59.94、1080p/59.94(LEVEL-A/B)、1080i/59.94に対応
●映像フォーマットによる色空間BT.709/BT.2020の自動切り替えに対応
●WebServerから送出画面の選択などの制御が可能
●時刻情報はRS-485とLTCに対応し、RS-485とLTCの相互変換も可能
 
図をクリックすると拡大します。
 
   ※1 REF信号は内部バスを通して各モジュールに分配されます。
      (Vbus-71HではREF信号入力ができません。)
   ※2 文字の大きさ・位置・色などの各種設定は、パソコンからLANを1000BASEに接続して
      専用アプリケーションで設定します。
   ※3 マスターモードに設定したTLG-70Uモジュールは一つの筐体で複数枚を使用すること、
      他のコントロールモジュールとの併用はできません。
   ※4 電源モジュールBはVbusシリーズの電源二重化オプションです。Vbus-71C、-71C-DC、
      -71Hには電源二重化オプションはありません。
 
図をクリックすると拡大します。