ホーム > 製品情報 > 70モジュールシリーズ >3G対応 ファイル機能付きカラースーパー CK-70S
3G対応 ファイル機能付き
カラースーパー
CK-70S
希望小売価格 850,000円 (税別)
CK-70ECの取扱説明書はこちら
CK-70Sは、Vbus筐体に実装可能な3G-SDI(LEVEL-A/B)/HD-SDI対応のカラースーパーモジュールです。
モジュール1枚で外部入力のFill+Key信号と、内部に保存したFill+Key信号を同時に本線映像にミックスできます。筐体に最大6モジュールをカスケード接続すると、 6系統の外部スーパー入力+6系統の内部スーパー、合計12スーパー信号の合成に対応できます。 入力素材が多いスタジオ番組やスポーツ中継、イベント中継に最適な装置です。各種設定は付属の専用アプリケーションで管理でき、 番組毎に全モジュールの設定をバックアップ/リストアすることができます。

>> 付属専用アプリケーション 取扱説明書
 

エッジ装飾が可能なCK-70W 3G対応 2chカラースーパー 750,000円(税別)、
3G-SDI LEVEL-B対応のCK-70WB 3G対応 2chカラースーパー 800,000円(税別) もございます。


●1モジュールで外部スーパー入力と内部スーパーの合成が可能
●本線入力信号はエマージェンシースルーに対応 ※1
●本線入力部には1ラインのAVDLを内蔵
●スーパー入力部にはFS機能を内蔵し、動画スーパーの非同期入力に対応 ※2
●最大6モジュールのカスケード接続が可能で、12chのスーパーミックスに対応 ※3
●本線信号は音声を含むANCデータを全て通過
●外部スーパーを使用しない場合、内部スーパーを2種類同時に合成可能
●内部スーパーは最大16種類、不揮発性メモリに登録可能※4
●スーパー信号は外部/セルフキー、スーパーカラー、ゲイン調整、ポジション移動が可能
●外部スーパー入力のエンベデッド音声2chを、スーパーテイクと同時に本線信号に重畳可 ※5
●専用リモコン(CK-70W-02/03)にフェーダーレバー(CK-70W-06)を接続し、手動でフェード操作可能
●CK-70W-01/02/03を使用すると、各スーパーに対応したリモコン上に任意の名称を漢字表示可
●本線3系統、2系統モード時は、各スーパーに対してON/OFF制御する系統(LINE1〜3)を予め設定可能
●CK-70ECを使用することでスーパーマスクを16箇所登録でき、マスクパターンの切り替えを接点制御可能 ※6
●FILL、KEYのコンバイナーモードでアップストリームキーとして使用可能 ※7
●3GレベルBのペイロードスルー、すげ替えの選択可能
●CK-70ECを使用すると、DSKとコンバイナーモードの同時使用が可能 ※8
●簡易チェンジオーバー機能を搭載。LINE信号を2系統入力時、一方のLINE断を検出すると、もう一方の系統に自動切り替え可能 ※9
●付属のアプリケーションソフトにより各種設定の編集、保存、読み出しが可能
●構成により4Kモードを使用可能。※10

※1 CK-70Sを単体で使用する場合は、内蔵のエマージェンシースルー回路が機能します。カスケード接続、あるいは2LINE/3LINEモードで使用する場合は、 エマージェンシースルーモジュール(CK-70EC、またはCK-70EMG)を併用します。エマージェンシースルーは電源断、または外部接点制御で動作します。
※2 非同期のFILL、KEY信号を使用する場合、FILLとKEYの位相差が±1.7μs以内(HD-SDI)の信号をご使用ください。
※3 モジュールのカスケードは、CK-70W、CK-70WBと組み合わせることが可能です。
※4 FILL、KEY入力端子から直接取り込みが可能。または付属のアプリケーションソフトを使用してネットワーク経由で静止画ファイルを転送/バックアップできます。
※5 音声合成時は、LINE信号の音声とスーパー側の音声の混合比率を設定できます。外部スーパーの任意のステレオチャンネルをLINE信号の任意のステレオチャンネルに重畳できます。 例えば、スーパーの9-10ch(16ch音声の場合)を、LINEの1-2、3-4、15-16ch(16ch音声の場合)に合成することが可能です。 フェードトランジションのスーパーテイク時は、映像に合わせて音声もフェードします。音声合成機能は、LINE信号に指定した音声パケットが存在した場合に可能です。 3G Level Bの信号に対しては、Link Aの音声パケットのみに音声合成が可能です。
※6 CK-70ECのGPI端子を使用し、4bitエンコード制御です。トリガー制御/オルタネイト制御に対応します。マスクスルー制御も可能です。
※7 コンバイナーモードではOUT1がOA FILL出力、OUT2がOA KEY出力になります。コンバイナーモードでプレビュー信号が必要な場合は、CK-70ECが必要です。
※8 CK-70ECのL1-1,2 OUTがOA DSK出力 、L2-1,2がPV DSK出力。CK-70SのOUT1がOA FILL出力、OUT2がOA KEY出力になります
※9 TRSコードの連続した乱れを検知して切り替えます。TRSコードが安定すると自動復帰します。
※10 4Kモードを使用するにはCK-70ECが必須です。4Kモードの詳細については仕様書の構成例を参照してください。
図をクリックすると拡大します。
図をクリックすると拡大します。